銅鍋のよさ:調理時間

銅鍋で料理を作ると、いつも何でも美味しくできます。薄味で、柔らかく、全く煮崩れせず、圧倒的に短時間で出来上がるのです。
とはいっても、他の鍋を比べてどのくらい違うのかなぁと疑問。
そこで、比較実験をすることにしました。

左がステンレス鍋、右が銅鍋です


c0228673_13172065.jpg
2cmに切り、出汁と醤油だけを入れて火にかけます。
15分火にかけ、5分おきました。見た目は、ステンレスのほうが表面がしょうゆ色が強くくらいです。
切ってみました。 


c0228673_13202873.jpg
 

ステンレス鍋大根は包丁が入りませんが、銅鍋大根はすんなり切れました。
銅鍋大根は十分に軟らかいのに、ステンレスは力を入れて切ったら、包丁がまな板にあたって音をたてるくらいまだ硬さがあります。(切れ味がやや悪くなった包丁を使用)

固さの違いが分かりやすいように、手で折ってみました。


c0228673_13174488.jpg
ステンレス鍋大根は、曲げたら、グーンと沿りますが、折れません。
銅鍋大根は軟らかいので、ちょっと曲げたらすぐに折れます。

これ、どちらも15分間同じように火にかけたものです。

銅鍋のほうは中によく味がしみていて、こんなの短時間でしみるから、かなり薄味で良いはずだと改めて思いました。出汁だけでも15分でだいぶ味がしみるんではないでしょうか。


by kitchenparadise2 | 2017-02-10 13:21 | 銅鍋・銅製品

台所道具店キッチンパラダイスの店主が綴る、台所道具のマジメでオタクな解説


by kitchenparadise2

プロフィールを見る
画像一覧

キッチン道具Kitchen Paradise

検索