鉄のフライパン、使い方のコツ

鉄のフライパンはくっつく、さびる、重い、と思われがちです。重いのはともかく、くっつくとさびるは使い方次第で解決できます。重いフライパンはそれなりに役割があるので、サイズを小さくしたり、厚みを考えたり工夫して買います。鉄分は溶けて体に入り健康にも良いとされていますので、余計に信頼性のあるものを買ったほうがよいと思います。

では、鉄のフライパンの使い方のコツ、3つです。

①買ったら、空焚きと油ならしをする
初に空焼きをして油ならしをします。軽く洗ったフライパンを空焚きします。(植物性の油の場合は金タワシとクレンザーで落とすだけでよい場合も。)十分空焚きしてから火からおろし、お湯で洗って汚れを取ります。再度フライパンを中火にかけて多めの油を入れます。しばらく弱火でなじませてください。くず野菜と塩を入れて野菜が焦げるまで炒めるのもいいでしょう。ジャガイモの皮でも結構です。油が触れていない内側はキッチンペーパーなどで全体的に油を塗り伸ばしてください。冷えてから油を捨ててお湯でしっかり洗い、火にかけて水分を完全に飛ばしたら終了です。

②あたためて油をいれる
毎回使う前に空焚きをして十分に温めます。水を落としてすぐに蒸発するほど温まったら油を入れます。油が温まってから素材を入れます。たまにお肉などがくっつきやすいと言われますがそれは素材をすぐに動かすから。焼き始めは動かさないで焼き、表面がカリッと焼けると自然に鍋肌から離れやすくなります。

③お湯で洗う
基本的には中性洗剤を使わず、熱いお湯で洗うだけで大丈夫。フライパンに水を入れて沸騰させるやり方でも結構です。鉄は温めると汚れが取れやすいのです。
温かいうちならスポンジや布、木ベラでも汚れは取れます。洗った後は火にかけて十分乾かしてください。焦げなどがどうしても落ちにくい場合は、お湯をしばらく沸騰させて汚れを浮かせた後、温かいうちにこすって落として下さい。(表面の油分が気になる場合はこれを二度繰り返します)金タワシなどで強くこすり過ぎると、せっかくの油分が取れてしまうので、ゴシゴシと洗った後は、最後にフライパンをよく焼いて、油を塗っておくとよいでしょう。中洗洗剤で洗いたい方は、油がなじんでいきにくいので、毎回油を多めに使うほかありません。
湿気が多い場所での保管は、新聞紙でくるんだり、油を塗って保管することも効果的です。

******************************************************

キッチンパラダイスでは、商品テストを繰り返し、スタッフが納得した台所道具だけをを揃えています。
ぜひHPをご覧ください。みなさんからのご相談なども受け付けています。

キッチンパラダイス 福岡市中央区白金1-1-14 http://www.kitchenparadise.com
092-534-6311 お問い合わせメールはこちらです。
by kitchenparadise2 | 2016-10-26 18:03 | 鉄のフライパン.中華鍋

台所道具店キッチンパラダイスの店主が綴る、台所道具のマジメでオタクな解説


by kitchenparadise2

プロフィールを見る
画像一覧

キッチン道具Kitchen Paradise

検索

画像一覧