新生活のための長持ちする道具

まもなく新生活を始める方は、台所の道具をどのように揃えておいでですか?
私は20代で1人暮らしを始めるまで自分だけのための台所道具を買ったことがありませんでした。なので、いざ揃えるとなると何をどう買っていいやら、どの程度のものがいいのかさっぱりだったのを覚えています。お金もあまり持ってなかったですし、100円ショップとはいかないまでも、無印良品とか近所のスーパーとかでとりあえずものを揃えましたね。今現在、その時買った道具は何ひとつも持っていません。もったいないことをしました。
そんな反省も踏まえて、新婚生活を始める方や、ひとり暮らしを始める方には、そんなに値段は高くなくても買っておいたほうがいい、そして結局は損をしない道具を最小限でオススメしています。


包丁:18cm程度の牛刀(5000円程度だとあとあと長く使えます。)
私はビクトリノックスのシェフナイフを薦めています。コストパフォーマンスが良い包丁です。ステンレスの両刃である牛刀を1本目に薦める理由は、
①三徳包丁や文化包丁に比べて切れ味が持ちやすい。
②先が尖っているので、お肉や魚にも使いやすい。
③さびにくい。
④食洗機にも入れられ、多少濡れたままで雑に扱っても大丈夫。

もちろん刃先の状態は、研ぎ方で全く変わってきます。研ぎに関してはまた他の時間を割いて別途。


料理好きの方は18cm程度の三徳包丁もお勧めです。本来は野菜は三徳のほうが使いやすいとは思います。牛刀より刃先に負担がかかるので7000円以上はかけたほうがベターです。(できれば10000円以上といいたいところですが。)上等な三徳包丁は野菜などを切ってもスピーティで切れ味も長くもちます。
キッチンパラダイスのオリジナル包丁ならこちら
スーパーなどでとりあえず売っている2000円~3000円の包丁も、最近は新品の時はよく切れ、程度が良いものもありますが、良い包丁との違いは、研いでも研いでもすぐに切れが悪くなることです。結局は常にストレスになり、数年で捨ててしまいますね
キチパラオリジナルの波刃10cmナイフ「なみじゅう」を持っておくと、パンやトマト、果物、デザート、ステーキやハンバーグなどを切る時にとーっても便利です。


フライパン:フッソ加工だけを買うなら底が厚いものを。スイスダイアモンド、アナロンなどのブランドはオススメ。
ティファール製品は値段が高いと加工の耐久性もいいのですが、とはいえ何年もコーティングが持つわけではありませんし、底が厚いフライパンに比べてハンバーグなどに火を通すのは得意ではありません。軽いフライパンのの場合は、専用の共蓋を買ってください。(密閉度の高い蓋は内部の温度が上がりやすく火が通りやすい)
正直言いまして、フッソ加工のフライパンは、高温で使用できる鉄や中華鍋と併用しない限り、3年も4年ももたないのは仕方ないと思っています。


ぜひ買ってほしいのが中華鍋。炒め物、揚げ物、麺を茹でたり、煮物もでき、中華鍋だけでも生きていけます。直径27cm以上で、重さが軽すぎないもの。軽くて薄いとすぐに焦げます。山田工業所の1.6mmは5670円でとても良い中華鍋です。

新婚さんで料理好きなら鉄のフライパンの厚手をオススメ。すべての焼き物が美味しくなります。厚手というのは2.5m以上です。


まず24cm(1人なら)のフッソ加工のフライパン、
次に、万能の中華鍋(ちょっと重めの)
やる気があれば厚手の鉄、です。厚手の鉄はら、マトファーはオススメ。



鍋:1人暮らしか2人暮らしかでも違ってきますが、ここでは将来増えても使い続けられるものを。
すばり、ジオプロダクト(ステンレス多層鍋)の行平鍋15cm、21cm。
次に厚手鋳物琺瑯鍋(ルクルーゼやシャスールみたいな)の20cm、です。料理好きなら22cmでも。どれも20年後も使えます。ルクルーゼは高い買い物ですので、もうちょっと手ごろな価格を望む方はステンレス全面多層鍋の20cm~22cmの蓋つき両手鍋。
軽すぎるものは焦げやすいですのでご注意。
鍋はアルミのものを買う方が多いですが、アルミの場合フッソ加工してあるものを。ただし、軽くて便利ですが、2年すれば剥げるかも。


おろし金: 思いきって2000円くらいのものを買いましょう。500円程度で揃えると、使うだけで毎回ストレス。しかも長くもちません。「ザ・おろし」は良いです。


ボウル・ザル:ステンレスのボウルは、中・大の順に揃えて、小は必要に応じてガラスの耐熱をいくつか揃えると便利。(ボウルの大きさは人数に応じて、しっかりしたものをひとつづつ増やすと買い替えなくていいです)
ステンレスのリング付き盆ざる24cmがひとつあると使い勝手がよいです。
またちょっと上級編ですが、ベランダがあって日当たりが良い場合は木のザルがひとつあると便利です。余りそうな野菜は木のザルに干しておくと、干し野菜として使えます。

c0228673_17182025.jpgヘラ:耐熱シリコンヘラがあると便利。フッソ加工に傷をつけず、キレイにこそぎ取ることができます。安いものはすぐ変色しますので気をつけて。鉄のフライパンで使う時は、こそぎ取る場合もあるので木のヘラも持っておきましょう。


トング:なにしろトングはひとつ買います。オススメはクイジプロかオクソ。ステンレスだと長持ちしますが、フッソ加工なら先端がプラスチックやシリコンのほうが無難です。いいものを買うと長持ちしますし、ダイニングでも気持ちよく使えます。パスタやサラダを分けたり、お肉をひっくりかえしたり、使用頻度多しです。


味噌漉し:味噌漉しは毎日使うものなので、そこ数百円を惜しまずに買います。600円~800円のものを買う方が多いようですが、1500円くらいかけると、ステンレスが頑丈で、立派に20年使えるものが買えます。
写真は工房アイザワのものですが、何年使ってもびくともしません。外国製ならOXOの味噌漉しもお勧めです。味噌漉しスプーン付です。


キッチンハサミ:ハサミだけは数百円で買わないでください。ハサミは一生モノではありませんが、ビクトリノックスのハサミ(2940円)は、丁寧に使うとかなり心地よく長く持ちます。包丁代わりに使う時もありますので是非評価の高いハサミを。


保存容器:レンジの温めと冷蔵庫の保存の両方で使うなら、パイレックスの耐熱ガラス容器を2つほど持っていたほうがいいです。800円~1200円ほどで買えます。プラスチックのように匂いがうつらず、洗いやすい上、耐久性に断然優れています。割れない限り一生使えます。


中途半端なものを数年毎に買い替えるより、思い切ってお金をかけるところとそうでないところを決めて買いそろえてください。
私がここは落としたくないというアイテムを3つ言うなら、

山田工業所鉄の中華鍋(27cm 16mm厚)、質のよい牛刀ビクトリノックスシェフナイフ、ジオプロダクトの21cm行平鍋です。
お子さんが独立されるなら、ぜひお母さんが揃えてあげて欲しいですね。今はちょっぴり高く感じても長く使えますからね!
******************************************************
キッチンパラダイスでは、商品テストを繰り返し、スタッフが納得した台所道具だけをを揃えています。
ぜひHPをご覧ください。みなさんからのご相談なども受け付けています。

キッチンパラダイス 福岡市中央区白金1-1-14 http://www.kitchenparadise.com
092-534-6311 お問い合わせメールはこちらです。
by kitchenparadise2 | 2012-02-29 18:49 | 道具の揃え方

台所道具店キッチンパラダイスの店主が綴る、台所道具のマジメでオタクな解説


by kitchenparadise2

プロフィールを見る
画像一覧

キッチン道具Kitchen Paradise

検索